So-net無料ブログ作成
検索選択

それから。 [メンタル]

失恋してから最初に驚いたのは不眠と過眠がぶり返したことだった。
想像以上に精神に影響があったらしい。

寝て、目が冷めた瞬間から自分に対する無価値感と希死念慮が襲ってくる。
再び寝逃げするか、無理やり散歩にでるか以外は横になってウンウン唸っているしか無い。

TMSを受け始めたあたりから視野が広がり、就活も考え、薬も睡眠導入剤のみになっていたが
こんなタイミングで失恋するとここまで酷くなるとは。

失恋で死を選ぶ人間は歴史上無数にいるわけだから、それほど驚くのもおかしいのかもしれない。

仕方がないのでメインのクリニックで相談し、寝る前のセロクエルと寝起きのエビリファイが処方されたが、
それほど効果を感じるわけではない。
これでデパスが無ければただの廃人である。

最近一番感じたのは、人が本当に凹んだ時には、かつて相談にのって助けた人物は全くあてにならないということだった。
驚くべきことは、決して彼らが未だに凹んでいるということではなく、むしろ幸せな環境に近い。
自分が幸せになった今、かつての借りなどはどうでも良くなってしまうようだ。
人と人との関係というのは想像以上にギブアンドギブ、テイクアンドテイクらしい。

これまで関係が薄かった人たちに励ましてもらうことが多かったのもまた驚きだった。
彼らにはとても大きな部分で救われた。

とはいえ、私の交友関係はとても狭いので幅もまた狭いのが寂しいのだが。
こういった恩は忘れまいと思うのである。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
タグ:うつ 失恋
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村