So-net無料ブログ作成

磁気治療(rTMS)を受けている。 [メンタル]

最近、磁気治療(経頭蓋磁気刺激法)というものを受けている。
うつ病治療のrTMS(repetitive transcranial magnetic stimulation)。

19歳からずっとSSRIやSNRIなどの薬を飲んでいるんだけど、
最近SNRIのイフェクサーを最大量+Nassaのリフレックスを処方されてても鬱々感が抜けないので、
これはちょっとヤバイな、と思い
5年位前にNHKスペシャルでやっていた先端医療を思い出して検索。

当時は検索しても大学病院の治験くらいしかなくって、希望者も殺到していて募集を打ち切る状況だったのだけど
現在は一般向けにやっているところが複数あるようだ。
が、やはりというか未だ自由診療(保険適用外)なのでまた高額。

しかしもう14年目に入るどうしようもない状況を打破したいし、
少しでもよくなる可能性があるなら試してみたいのが人情というもの。
思い立ったが吉日。というわけで、新宿のクリニックに通い始めた。

最初は光トポグラフィー検査を受ける。
この検査は信頼性に未だ疑問があるらしい。(薬飲んでるけど、どうなの?とか)
まあひとつの指針になるかな、という感覚で。

頭にSF的な、コードとかが繋がってるものをかぶり、
眼前のモニターを見ながら「あ、い、う、え、お」と言い続け
50音順の一文字が出てきたら、それが頭文字になる単語を時間内に出来るだけ言う。
例:か、が表示されたら、貝殻、かき氷、カメムシ・・・
その時の脳の活動をグラフ等でみて、判例から診察するらしい。
それからTMSを勧められる。

その流れがある程度ビジネスライクに進んでいくので、違和感を感じる人もいるらしい。
医療の信頼を担保する部分に関わるからだろう。
その辺はもう少しうまくやってくれよ、と思うが、こちらもある程度割り切ってるのであまり気にしてもしょうがない。

早速当日中に一回目のTMS。
倒した椅子に仰向けに座り、頭の右側から機械を当てる。
この作業をしてくれるのがトリーターという人たち。
人たち、というのは、毎回変わるから。この辺も(以下略

「いきまーす」と言われ、タタタタタ・・・とそこそこ大きな音が10回。
刺激はちょっとビリビリかな、位。最初はMAXより少し弱めにやるらしく、
数回目から最大でやってみましょう、と言われる。
最大でも少し刺激が強いかな、くらいで問題なし。
20分程度の治療で一回といった感じ。

効果の程は、わかりやすく「効いたなー!」という感じはしないものの、少しスッキリ感。
自分の場合、翌日翌々日から身の回りの作業が少し捗ったり、これからの事を考え始めるなど
時間が経ってから少しずつ効いてきたかな?という感じ。
プラセボとの明確な違いはわからないので油断は出来ない。

翌週には普段通っているクリニックの先生に事後報告をする。(かなり勇気がいった・・・)
先生はプラセボの可能性と金儲け的な嫌疑をしていたが
まあ、動けるようにはなってきてるので経緯を観察しましょうということに。

今後、経過を書いていこうと思います。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
NHKスペシャル ここまで来た! うつ病治療

NHKスペシャル ここまで来た! うつ病治療

  • 作者: NHK取材班
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2012/08/27
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村